形成外科

形成外科とは

形成外科とは

整形外科と勘違いされている方や、形成外科という診療科を聞いたことはあるが、どういう治療をしているかはよく知らないという方がまだ多いのではないでしょうか?
違いを簡単に言えば「整形外科」は身体や手足の大きな骨、筋肉や神経を扱う診療科。
「形成外科」は全身の皮膚や顔の骨の治療を行う診療科と言えます。
具体的に言えば顔の外傷や骨折、火傷や傷の痕、先天的な外表異常の治療、欠損した組織の再建など、頭のてっぺんから足の趾先までが治療の対象になります。
ほとんどの治療は保険の適応となりますが、レーザー治療では保険が使えない場合があります。
「美容外科」も形成外科の一分野になりますが、加齢に伴う変化や正常な部位をより理想的な形態にすることを目的とするため保険治療の適応にはなりません。

形成外科であつかう疾患

pagetop